ページタイトル

企業情報

【参】ページタイトル背景画像(企業情報)
ページタイトル背景画像
コンテンツ

ごあいさつ

大正十二年、作家・菊池寛が創刊した雑誌「文藝春秋」は、太平洋戦争後、伝説の名編集長・池島信平によって〝国民雑誌〟へと成長。企業としての文藝春秋は、雑誌から書籍、文庫、新書へと順調に事業の幅を広げ、真に個性ある版元として、出版界に確固たる存在感を示しています。

社創立100周年を目前に、活字からデジタルへと、表現の舞台が広がる現代にあっても、「自由な心持」で語りたいという創設者のスピリットは、文藝春秋のDNAとして脈々と受け継がれています。

会社概要

社名 株式会社文藝春秋
本社所在地 〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3番23号
電話 03-3265-1211(自動音声案内)
代表者 代表取締役社長 中部嘉人
営業内容 「文藝春秋」「オール讀物」「文學界」「週刊文春」「別冊文藝春秋」「CREA」「CREA Traveller」「Sports Graphic Number」「Number PLUS」「Number Do」「週刊文春WOMAN」の発行、 単行本、文庫、新書、全集の刊行、「文春オンライン」等のウェブ・メディア配信、電子書籍事業 など
資本金 1億4,400万円
社員数 346名(2020年1月1日現在)
関連団体 公益財団法人 日本文学振興会

沿革

大正12年1月 文藝春秋社創設、「文藝春秋」創刊
昭和3年5月 株式会社とする
昭和5年7月 初の臨時増刊「オール讀物號」を発行
昭和6年4月 「オール讀物號」月刊化
昭和10年1月 芥川龍之介賞・直木三十五賞制定を発表
昭和11年7月 「文學界」を文圃堂より引き継ぐ
昭和13年7月 財團法人日本文學振興會創設
昭和14年4月 菊池寛賞の制定を発表
昭和20年4月 戦局悪化のため全雑誌休刊
昭和20年10月 「文藝春秋」復刊
昭和20年11月 「オール讀物」復刊
昭和21年2月 臨時増刊「別册文藝春秋」発行
昭和21年3月 菊池 寛、株式会社文藝春秋社を解散
昭和21年6月 社員有志、菊池 寛の許諾を得て株式会社文藝春秋新社を設立
昭和34年4月 「週刊文春」創刊
昭和41年3月 「株式会社文藝春秋」に社名変更
千代田区紀尾井町3番地に文藝春秋ビル竣工、銀座より本社移転
昭和44年11月 大宅壮一ノンフィクション賞の制定を発表
昭和49年6月 文春文庫創刊
昭和55年4月 「Sports Graphic Number」創刊
平成元年11月 「CREA」創刊
平成5年6月 松本清張賞の制定を発表
平成10年10月 文春新書創刊
平成11年6月 Number Web」開設
平成18年11月 「CREA Traveller」新創刊
平成19年5月 CREA WEB」開設
平成23年10月 「Number Do」定期刊行化
平成25年10月 「文春学藝ライブラリー」創刊
平成29年1月 文春オンライン」開設

アクセスマップ

  • 東京メトロ有楽町線「麹町」駅から徒歩3分
  • 東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩8分
  • JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線「四ツ谷」駅から徒歩10分