トップ雑誌文學界>文學界新人賞原稿募集

文學界新人賞 原稿募集

[選考委員]東浩紀/円城塔/川上未映子/長嶋有/綿矢りさ

【受賞作】

賞金50万円および記念品(万年筆)

【締切】

2017年9月30日
(当日消印有効。ウェブ応募は2017年8月1日より受付開始、9月30日24時締切)

【発表】

「文學界」 2018年5月号
(同年4月号に予選の通過者と作品名を発表します)

    【募集要項】

  • ●応募作品は新人の未発表原稿に限る。同人雑誌に発表したもの、他の新人賞に応募したもの、自費出版したものは対象外とする。
  • ●枚数は400字詰原稿用紙で70枚以上150枚以下。ワープロ原稿の場合、A4判の紙に400字詰換算の枚数を明記のこと。
  • ●原稿には、題名、枚数、筆名、本名、住所、電話番号、メールアドレス(所有の場合)、年齢、現職、略歴を明記した表紙をつけ、必ず右肩を綴じること。表紙と同じものをもう一枚、綴じずに原稿に添付すること。
    ウェブでの応募の場合は、応募フォームの指示に従って必要項目を入力のこと。
    (これらの個人情報は厳重に管理し、本賞の目的以外には用いない)
  • ●募集要項、選考についての問い合わせには一切応じない。また一旦応募した作品の訂正、返却依頼も受け付けない。
  • ●新人賞受賞作の複製権(出版権を含む)、公衆送信権等は、(株)文藝春秋に帰属します。

    【応募先】

    募集要項をご確認の上、ウェブ(応募フォーム)または郵送にてご応募ください。

  • ●応募フォーム
    2017年8月1日0時より公開します。 (下記のボタンよりお進みください)

    応募フォームへ

  • ●ウェブ用テンプレート
    ワードで応募される場合は下記テンプレートをご利用ください。(必須ではありません)
  • ●郵送先
    〒102-8008
    東京都千代田区紀尾井町3-23
    文藝春秋 文學界編集部 文學界新人賞係

    【選考委員より】

  • 東浩紀
    小説はなんでもできる、と昔教わった。詩を書いても論文を書いても性の妄想を書き殴るだけでも、小説はすべてを受け入れるからすごいのだと言われた。かつては批評家としてその力に嫉妬し、拙い創作を試みてもみたが、最近はその感情もすっかり衰えている。批評家としてこの席に座っているのが嫌になるような、そんな醜い嫉妬を駆り立ててくれる新たな才能の登場を心待ちにしている。
  • 円城塔
    応募の前に読み返すことをおすすめします。自分の書いた小説が古典と並んだときにどう見えるのか、現代の他の小説と並べたときにはどうか、他のジャンルからはどう見えるのかを確認しましょう。無論、こんなアドバイスなど無視してしまって構いません。
  • 川上未映子
    見えるもの・見えないもの。語りえるもの・語りえないもの。生きている・生きていない。ここ・どこか。死んでいる・死んでいない。知っているもの・知らないもの。在る・無い。文学はそれらの両端を行き来する、なんかの玉。「!」のある小説を楽しみにしています。
  • 長嶋有
    それまでの自分はなにごとにも自信なく友達もできず、他者を妬み、女からも愛想をつかされ、比喩でなく泥水をすすり暮らすダメ人間でしたが、新人賞をとった日から人生はバラ色のウハウハ。腹筋も割れ、毎日がパーティ三昧。すべて新人賞のおかげ、新人賞サイコー。ケッサク小説のご応募、どしどしお待ちしてまーす。宛先はこちら!
  • 綿矢りさ
    まだ読者の目に触れてない、微かに緊張した、新しい才能にあふれた応募作を、たくさん読みたいです。応募作の文章に込められた思いをくみ取るために、一語一語を見落とさぬよう、丁寧に作品を読み、また多様な解釈にもうなずけるよう、やわらかい頭を持って、選考に励みます。
最新号目次
バックナンバー
定期購読案内
文學界新人賞原稿募集