H1

ムック・臨時増刊

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文春ムック 石原慎太郎と日本の青春

2022/03/18 発売

雑誌バックナンバー

文春ムック 石原慎太郎と日本の青春

文春ムック 石原慎太郎と日本の青春

定価1760円(税込)

Amazonで購入する

目次

巻頭グラビア 秘蔵写真で振り返る慎太郎の季節

I 文学を「事件」にした男

昭和30年度下半期 芥川賞 受賞の言葉

文藝春秋と私の青春時代 2021年12月に発表された最後の回顧録

『太陽の季節』の頃 「もっとも印象に残った芥川賞作品」1位に選ばれて

ドキュメント 太陽族・裕次郎・新人作家ブーム 鵜飼哲夫(読売新聞編集委員)

II 日本よ!

非核の神話は消えた 1970年の先駆的核保有論

特攻と日本人 若き魂への鎮魂歌

私の天皇 昭和天皇をめぐる五つの挿話

日本への遺言 「諸君!」最終号へのメッセージ

III 華麗なる交友

裕さんよ、さらば 弟の死を看取った慟哭の手記

鼎談 裕次郎は強くてシャイだった 石原まき子(裕次郎夫人)×金宇満司(元石原プロ常務)

天才五衰――回想・三島由紀夫 死後30年、人と文学を振り返る

さらば、友よ、江藤淳よ! 旧制中学以来の「不思議な友達」を悼む

対談 勝新太郎 侠気について 二人のシンタロウが丁々発止

対談 野坂昭如 君は日本をどうするのか ライバルが繰り広げた「言葉の死闘」

あばよ、さよなら談志師匠 親友への弔辞

小林秀雄 無類の率直と、無類の自由 痛烈な記憶

角さんと飲んだビール 「天才」田中角栄との対峙

特別寄稿 石原慎太郎の父と海 福田和也(文芸評論家)

IV 冒険の時代

ぼくの撮影所日記 芥川賞受賞直後、映画俳優に挑戦

怪獣はそこにいる! ネス湖探検隊総隊長として

1962年のワーストヨットレース どうしても書き残したかった仲間の死

V 生と死と

予期せぬ出来事 私の闘癌記 「膵臓の辺りに妙な影があるけど……」

対談 五木寛之 「自力」か「他力」か 同年同月同日生まれの二人が初めて語りあった

最後の未知「死」との対峙 老いとは死を育てることである――晩年の死生観

対談 曽野綾子 老いこそ冒険の時 死んだときに「ざまぁみろ」と言われたい

僕たちの時代 「文學界」に最後に記した半生の記

VI 文壇への思い

芥川賞を目指す諸君へ 1995年、選考委員就任に寄せて

芥川賞全選評 又吉栄喜『豚の報い』から田中慎弥『共喰い』まで全33回

石原慎太郎略年譜