H1

文學界

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文學界 2021年7月号

2021/06/07 発売

雑誌バックナンバー

文學界 2021年7月号

創作 松尾スズキ「矢印」
筒井康隆/山野辺太郎
対談 平野啓一郎×中村佑子

定価990円(税込)

Amazonで購入する定期購読はこちら

目次

創作
松尾スズキ 矢印 250枚
俺には俺より酔っ払ってくれている人間が、隣に必要なのだ──愛の深淵を描ききる驚嘆作

筒井康隆 夜は更けゆく
静かな一夜、食卓につく兄妹のスケッチ。コロナ禍と成瀬巳喜男の映画が融合したような奇跡の掌篇

山野辺太郎 恐竜時代が終わらない 230枚
さえない五十代の男が語り出す、父から伝えられた先史時代の話。いざ、恐竜蠢く太古の森へ──

リレーエッセイ
私の身体を生きる 第五回 汚してみたくて仕方なかった 鈴木涼美

対談
平野啓一郎×中村佑子
デジタル時代の「母」とケア── 『本心』をめぐって
平野氏が新作長篇で描く近未来。困難さを増す社会にいかなる希望が見出せるのか?

巻頭表現
カゲヤマ気象台 午前5時 

エセー
河野真太郎 〈文化の状況〉小説、または社会学的小説の未来

額田大志 失敗のできる場所

連載
平民金子 めしとまち 第三回

北村匡平 椎名林檎論――乱調の音楽 第五回

成田悠輔 未来の超克 第五回

高橋弘希
音楽が鳴りやんだら 第六回
近現代音楽史概論B 第六講

辻原登 隠(かく)し女(め)小春 第十回

DJ松永 ミックス・テープ 第八回

綿矢りさ 激煌短命(げきこうたんめい) 第十回

落合陽一 風景論 第二十回

横尾忠則 原郷の森 第二十三回

西村賢太 雨滴は続く 第三十九回

宮本輝 潮音(ちょうおん) 第六十六回

コラム
ぐるぐるマップ 第十六回 津村記久子

遊歩遊心 第二十二回 松浦寿輝

むらむら読書 第四十二回 犬山紙子

きれぎれのハミング 第四十三回 柴田聡子

時事殺し 第六十五回 武田砂鉄

新人小説月評 池田雄一 鳥澤光

文學界図書室
星野智幸『植物忌』(杉本裕孝)
中村文則『カード師』(宮崎智之)
津村記久子『つまらない住宅地のすべての家』(東直子)
小山田浩子『小島』(平岡直子)
松田青子『男の子になりたかった女の子になりたかった女の子』(水上文)
朱天文『侯孝賢と私の台湾ニューシネマ』(奈々村久生)

文學界新人賞応募規定 / 執筆者紹介