H1

文學界

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文學界 2019年9月号

2019/08/07 発売

雑誌バックナンバー

文學界 2019年9月号

特集 「文学なき国語教育」が危うい!
村上春樹 ロング・インタビュー

定価970円(本体898円) 

Amazonで購入する / 定期購読はこちら

目次

村上春樹 ロング・インタビュー
暗闇の中のランタンのように 聞き手=湯川豊・小山鉄郎

創作
高尾長良 音に聞く 200枚
ウィーンで開幕する音楽と父娘の愛憎をめぐるドラマ。期待の俊英が沈黙を破り放つ決定打

村田沙耶香 カルチャーショック

樋口恭介 瞬きと瞬き
夢見る機械を巡る謎めいた叙述──SFの新星が文芸誌初登場

新芥川賞作家特別エッセイ
今村夏子 むらさきのスカートの女と、私

作品論
倉本さおり
覗き込まれる〈わたし〉──「むらさきのスカートの女」論

特集 「文学なき国語教育」が危うい!
入試激変、カリキュラム大改編

エッセイ
紅野謙介/齋藤孝/前川喜平/千葉雅也
伊藤氏貴/北村薫/俵万智

現役高校教師座談会
「文学」で「論理」は十分学べる 司会=伊藤氏貴

発掘
藤野眞功 保田與重郎の国語教科書

特別エッセイ
金井美恵子 首の行方、あるいは……(五)

巻頭表現
柳本々々 なんか、その霊の話、すっごく、こわれてない?

エセー
山内志朗 不気味なぐらいヤバイ哲学

小澤みゆき 物語は生きているし、愛は永遠なのだから

Author's Eyes
井川直子 人生の微粒子

連載
宮本輝 潮音(ちょうおん) 第四十七回

横尾忠則 原郷の森 新連載第二回

小林敏明 故郷喪失の時代 最終回

森元斎 革命に至る極貧生活 第十一回

コラム
BOOKSのんべえ 第十四回 木村衣有子

むらむら読書 第二十回 犬山紙子

きれぎれのハミング 第二十一回 柴田聡子

時事殺し 第四十三回 武田砂鉄

若き藝能者たち 第四十七回 九龍ジョー

新人小説月評 小川公代 村上克尚

鳥の眼・虫の眼 最終回 相馬悠々

連載漫画
ドリヤス工場 文豪春秋 第二十八回

文學界図書室
綿矢りさ『生のみ生のままで』(小林エリカ)
小川洋子・堀江敏幸『あとは切手を、一枚貼るだけ』(内藤陽介)
柴崎友香『待ち遠しい』(瀧井朝世)/上田岳弘『キュー』(暦本純一)
古川真人『ラッコの家』(小山田浩子)/古市憲寿『百の夜は跳ねて』(光嶋裕介)
李琴峰『五つ数えれば三日月が』(木村朗子)/岸政彦『図書室』(江南亜美子)

文學界新人賞応募規定 / 執筆者紹介 / 次号予告