『熱帯』森見登美彦 『熱帯』森見登美彦

沈黙読書会で見かけた『熱帯』は、なんとも奇妙な本だった。
謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の「暴夜(アラビヤ)書房」、鍵を握るカードボックスと「部屋の中の部屋」――。
幻の本を追う旅は、いつしか魂の冒険へ!

著者紹介

著者

森見 登美彦

一九七九年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。二〇〇三年「太陽の塔」で第一五回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。〇七年『夜は短し歩けよ乙女』で第二〇回山本周五郎賞受賞。一〇年『ペンギン・ハイウェイ』で第三一回日本SF大賞受賞。一六年『夜行』で第一五六回直木賞候補に。他の著書に『有頂天家族』『聖なる怠け者の冒険』『四畳半神話大系』『恋文の技術』など。

お知らせ

2020.03.04
Bar「夜の翼」をめぐった主人公たちの冒険の記録。秘密の「島の名」と美酒の詳細、全公開!
2020.03.04
「#夜の翼」でたどる壮大な冒険の記録。間違いなく、その夜の主役は彼らであった
2019.04.28
『熱帯』が第6回高校生直木賞を受賞しました。
2019.03.01
徒然に筆を入れた、著者自らによる書き込み本。「暴夜書房プロジェクト」の贈物でしたが、みなさまにもお裾分け!
2019.02.15
『熱帯』に登場する“不可視の群島”が夜の街に出現。 京都&福岡で、あなただけの冒険を楽しみ尽そう!
2019.01.30
「あなただけの吾輩」を――『熱帯』紙だるま展開図を大公開!
2019.01.16
<ニュース>公開対談決定! 登美彦氏、『千一夜物語』に分け入る 西尾哲夫先生と探検するアラビアンナイトの世界 in国立民族学博物館
2018.12.28
<特集>魔力を秘めた本たち――森見登美彦が選んだ究極の「奇書」55冊
2018.12.28
<書評>野谷文昭「夢の中で夢を見ているような感覚 森見登美彦「熱帯」の魅力とは
2018.12.28
<ニュース>対談イベント 「森見登美彦氏、京都国立博物館で語る」
2018.12.28
<ニュース>「贅沢な読書会」
2018.11.22
<ニュース>『熱帯』(森見登美彦・著)発売記念 沈黙“しない”読書会、開催決定!!!
2018.11.20
『熱帯』発売にあわせて特設サイトをリニュアルいたしました
2018.11.14
<ニュース>『熱帯』(森見登美彦・著)発売記念 《暴夜書房》を実際につくっちゃおうプロジェクト

『熱帯』森見登美彦

我ながら呆れるような怪作である