芥川龍之介賞 最新情報

第159回芥川龍之介賞候補作品決定!(平成30年上半期)

第159回芥川龍之介賞の候補作が決定いたしました。選考委員会は、きたる平成30年7月18日(水)午後5時より築地・新喜楽で開催致します。

候補者名候補作掲載誌月号
古谷田奈月(こやた なつき)風下の朱(あか)早稲田文学初夏号
高橋弘希(たかはし ひろき)送り火文學界五月号
北条裕子(ほうじょう ゆうこ)美しい顔群像六月号
町屋良平(まちや りょうへい)しき文藝夏号
松尾スズキ(まつお すずき) もう「はい」としか言えない文學界三月号

同日発表 直木賞のページはこちら

古谷田奈月
1981年千葉県我孫子市生まれ。2013年、「今年の贈り物」で第25回日本ファンタジーノベル大賞を受賞、同作を『星の民のクリスマス』と改題しデビュー。
〈作品〉『星の民のクリスマス』13年新潮社刊。『ジュンのための6つの小曲』14年新潮社刊。『リリース』16年光文社刊=第34回織田作之助賞受賞。『望むのは』17年新潮社刊。「無限の玄」17年早稲田文学増刊女性号=第31回三島由紀夫賞受賞。
高橋弘希
1979年青森県十和田市生まれ。2014年「指の骨」にて第46回新潮新人賞を受賞。
〈作品〉「指の骨」14年新潮11月号=第152回芥川賞候補、単行本は15年新潮社刊=第28回三島由紀夫賞候補。「朝顔の日」15年新潮6月号=第153回芥川賞候補、単行本は15年新潮社刊。「短冊流し」16年新潮1月号=第155回芥川賞候補。「スイミングスクール」16年新潮8月号、単行本(「短冊流し」併録)は17年新潮社刊=第30回三島由紀夫賞候補。「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」17年群像6月号、単行本は17年講談社刊=第31回三島由紀夫賞候補、第39回野間文芸新人賞受賞。
北条裕子
1985年山梨県中巨摩郡白根町(現・南アルプス市)生まれ。青山学院大学卒。2018年「美しい顔」で第61回群像新人文学賞を受賞。
〈作品〉「美しい顔」18年群像6月号。
町屋良平
1983年東京都台東区生まれ。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。同年、同作品を収録した『青が破れる』でデビュー。
〈作品〉『青が破れる』16年河出書房新社刊=第30回三島由紀夫賞候補。
松尾スズキ
1962年福岡県北九州市生まれ。九州産業大学卒。88年、大人計画を旗揚げ。97年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞受賞。2001年ミュージカル「キレイ~神様と待ち合わせした女~」で第38回ゴールデン・アロー賞演劇賞受賞。08年映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。
〈作品〉『宗教が往く』04年マガジンハウス刊。『クワイエットルームにようこそ』05年文學界7月号=第134回芥川賞候補、単行本は05年文藝春秋刊。「老人賭博」09年文學界8月号=第142回芥川賞候補、単行本は10年文藝春秋刊。『私はテレビに出たかった』14年朝日新聞出版刊。

過去の受賞者一覧はこちら

TOP