直木三十五賞 最新情報

第165回直木三十五賞候補作品決定!(2021年上半期)

第165回直木三十五賞の候補作が決定いたしました。選考委員会は、きたる2021年7月14日(水)都内にて開催致します。

候補者名候補作出版社
一穂ミチ(いちほ みち)スモールワールズ講談社
呉勝浩(ご かつひろ)おれたちの歌をうたえ文藝春秋
佐藤究(さとう きわむ)テスカトリポカKADOKAWA
澤田瞳子(さわだ とうこ)星落ちて、なお文藝春秋
砂原浩太朗(すなはら こうたろう)高瀬庄左衛門御留書(たかせしょうざえもんおとどめがき)講談社

同日発表 芥川賞のページはこちら

一穂ミチ
1978年生まれ。関西大学卒。2007年『雪よ林檎の香のごとく』でデビュー。
〈作品〉『イエスかノーか半分か』(2014年~・新書館ディアプラス文庫)シリーズなど著作多数。『スモールワールズ』所収の短編「ピクニック」=第74回日本推理作家協会賞短編部門候補。
呉勝浩
1981年生まれ。大阪芸術大学卒。2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞。
〈作品〉『道徳の時間』2015年講談社刊。『白い衝動』17年講談社刊=第20回大藪春彦賞受賞。『ライオン・ブルー』17年KADOKAWA刊=第31回山本周五郎賞候補。『スワン』19年KADOKAWA刊=第41回吉川英治文学新人賞受賞、第73回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門受賞、第162回直木賞候補。
佐藤究
1977年生まれ。福岡大学付属大濠高等学校卒。2004年、佐藤憲胤(のりかず)名義の『サージウスの死神』が第47回群像新人文学賞優秀作となり、同作でデビュー。
〈作品〉『サージウスの死神』(佐藤憲胤名義)2005年講談社刊=第47回群像新人文学賞優秀作。『QJKJQ』16年講談社刊=第62回江戸川乱歩賞受賞。『Ank: a mirroring ape』17年講談社刊=第20回大藪春彦賞、第39回吉川英治文学新人賞受賞。『テスカトリポカ』21年KADOKAWA刊=第34回山本周五郎賞受賞。
澤田瞳子
1977年生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程前期修了。奈良時代仏教制度史、正倉院文書の研究を経て、2010年『孤鷹の天』でデビュー。
〈作品〉『孤鷹の天』2010年徳間書店刊=第17回中山義秀文学賞受賞。『満つる月の如し 仏師・定朝』12年徳間書店刊=第2回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞、第32回新田次郎文学賞受賞。『若冲』15年文藝春秋刊=第153回直木賞候補、第9回親鸞賞受賞、第5回歴史時代作家クラブ賞受賞。『腐れ梅』17年集英社刊=第8回山田風太郎賞候補。『火定』17年PHP研究所刊=第39回吉川英治文学新人賞候補、第158回直木賞候補。『落花』19年中央公論新社刊=第32回山本周五郎賞候補、第161回直木賞候補。『能楽ものがたり 稚児桜』19年淡交社刊=第163回直木賞候補。『駆け入りの寺』20年文藝春秋刊=第14回舟橋聖一文学賞受賞。
砂原浩太朗
1969年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2016年、「いのちがけ」で第2回決戦!小説大賞を受賞。18年、同作を収録した『いのちがけ 加賀百万石の礎』で単行本デビュー。
〈作品〉『いのちがけ 加賀百万石の礎』2018年講談社刊。『決戦!設楽原』(共著)18年講談社刊。『逆転の戦国史 「天才」ではなかった信長、「叛臣」ではなかった光秀』20年小学館刊。『高瀬庄左衛門御留書』21年講談社刊=第34回山本周五郎賞候補。『Story for you』(共著)21年講談社刊。

過去の受賞者一覧はこちら

TOP