芥川龍之介賞 最新情報

第162回芥川賞は古川真人さんに決定!(2019年下半期)

第162回芥川龍之介賞の選考委員会が2020年1月15日(水)午後4時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から古川真人さん背高泡立草(せいたかあわだちそう)が授賞作に決まりました。

古川真人さん

古川真人さん

候補者名候補作掲載誌月号
木村友祐(きむら ゆうすけ)幼な子の聖戦すばる十一月号
髙尾長良(たかお ながら)音に聞く文學界九月号
千葉雅也(ちば まさや)デッドライン新潮九月号
乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)最高の任務群像十二月号
古川真人(ふるかわ まこと)受賞背高泡立草(せいたかあわだちそう)すばる十月号

同日発表 直木賞のページはこちら

木村友祐
1970年生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒。2009年、「海猫ツリーハウス」で第33回すばる文学賞を受賞しデビュー。
〈作品〉「海猫ツリーハウス」2009年すばる11月号、単行本は10年集英社刊。「イサの氾濫」11年すばる12月号=第25回三島由紀夫賞候補、単行本は16年未來社刊=第38回野間文芸新人賞候補。「聖地Cs」14年新潮5月号、単行本は14年新潮社刊=第36回野間文芸新人賞候補。「野良ビトたちの燃え上がる肖像」16年新潮8月号、単行本は16年新潮社刊。『幸福な水夫』17年未來社刊。『Sacred Cesium Ground and Isa’s Deluge』(ダグ・スレイメイカー訳、『聖地Cs』と『イサの氾濫』の英訳版)19年コロンビア大学出版刊。
髙尾長良
1992年生まれ。医師・小説家。2012年、「肉骨茶」で第44回新潮新人賞受賞。17年京都大学医学部卒。17年度京都市芸術文化特別奨励者。
〈作品〉「肉骨茶」2012年新潮11月号=第148回芥川賞候補、単行本は13年新潮社刊。「影媛」14年新潮12月号=第152回芥川賞候補、単行本は15年新潮社刊。
千葉雅也
1978年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(学術)。2013年刊の『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』で紀伊國屋じんぶん大賞および表象文化論学会賞を受賞。『勉強の哲学――来たるべきバカのために』、『意味がない無意味』などを刊行。19年、初の小説作品「デッドライン」で第41回野間文芸新人賞を受賞。
〈作品〉『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』2013年河出書房新社刊=紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞受賞。『別のしかたで――ツイッター哲学』14年河出書房新社刊。『勉強の哲学――来たるべきバカのために』17年文藝春秋刊。『意味がない無意味』18年河出書房新社刊。『アメリカ紀行』19年文藝春秋刊。「デッドライン」19年新潮9月号、単行本は19年新潮社刊=第41回野間文芸新人賞受賞。
乗代雄介
1986年生まれ。法政大学社会学部メディア社会学科卒。2015年、「十七八より」で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。18年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞を受賞。
〈作品〉「十七八より」2015年群像6月号、単行本は15年講談社刊。「本物の読書家」16年群像9月号、単行本は17年講談社刊。
古川真人受賞
1988年生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。
〈作品〉「縫わんばならん」2016年新潮11月号=第156回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊。「四時過ぎの船」17年新潮6月号=第157回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊=第31回三島由紀夫賞候補。「窓」18年新潮7月号。「ラッコの家」19年文學界1月号=第161回芥川賞候補、単行本は19年文藝春秋刊。

過去の受賞者一覧はこちら

TOP