H1

ムック・臨時増刊

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文春ムック やすらぎの刻 人生が豊かになる名言集

2020/01/16 発売

雑誌バックナンバー

文春ムック やすらぎの刻 人生が豊かになる名言集

文春ムック やすらぎの刻 人生が豊かになる名言集

定価(本体1200円+税)

Amazonで購入する

目次

「やすらぎの刻」相関図

倉本聰 インタビュー
「『人間の命の価値は何よりも尊い』と言うけれど……その尊さの意味を改めて考える時期に来ていると思います」

石坂浩二 インタビュー
「『やすらぎの刻~道』になって、男の老いと女の老いその本質的な違いがテーマになっている」

浅丘ルリ子 インタビュー
「子供や孫がいなくても、私は孤独ではないわよ。ひとりの時間は寂しくないし、必要な時間なんです」

大空眞弓 インタビュー
「桂木夫人は演じていて楽しい役。実際に側にいると困っちゃいますけどね(笑)」

丘みつ子 インタビュー
「“カッコいいおばあちゃん”になるためにこのドラマを参考にしていただけると嬉しい」

加賀まりこ インタビュー
「孤独は受け入れて、かみ砕いて、消化する。それが私の孤独との付き合い方」

上條恒彦 インタビュー
「死はデリケートな話です。明日は僕かもしれない。自分でも不思議じゃない。だから、しゃべりたくないんです」

笹野高史 インタビュー
「植物状態になっても生きていてほしいと家族が願うなら、僕は受け入れるかもしれません」

ジェリー藤尾 インタビュー
「尊厳死というのは延命治療しないだけ。僕は安楽死まで踏み込む必要があると思う」

橋爪功 インタビュー
「高齢者になったからといって高齢者らしく振る舞う必要はないでしょ」

藤竜也 インタビュー
「過去の栄光なんか忘れて、自尊心をなくしたほうが楽しい老後を送れるんじゃないかな」

風吹ジュン インタビュー
「遺体になっても子供たちに会いたい。思いを伝えたい。それが私の親としての最期の仕事だと思います」

松原智恵子 インタビュー
「怒りっぽい人でも、私とお話をしていると怒らなくなるみたい。不思議ですよね」

水野久美 インタビュー
「死ぬまでにやりたいことは全部やる、と決めて70歳を超えてから何でも挑戦するようにしています

ミッキー・カーチス インタビュー
「モットーは『死ぬまで生きる』。パーティして翌日、あっさり死ぬというのは俺の思いそのもの」

山本圭 インタビュー
「最初にこのドラマの脚本を読んだ時、『ああ、これは倉本さんの遺書なんだな』と思いました」

追悼八千草薫
八千草薫
がん闘病手記
「ちょっとだけ無理をして生きたい」

やすらぎ ・ アンケート企画
<質問>「やすらぎの郷 La Strada」が実際にあったら入りたいですか?

「やすらぎシリーズ」 解説とあらすじ

「やすらぎシリーズ」名場面
「やすらぎの刻~道」 8話
「やすらぎの刻~道」 34話
「やすらぎの刻~道」 19話
「やすらぎの刻~道」 51話
「やすらぎの刻~道」 119話
「やすらぎの郷」 75話
「やすらぎの刻~道」 19話
「やすらぎの刻~道」 141話
「やすらぎの郷」 68話
「やすらぎの刻~道」 32話
「やすらぎの刻~道」 33話
「やすらぎの刻~道」 124話
「やすらぎの郷」 74話
「やすらぎの刻~道」 122話
「やすらぎの郷」 41話
「やすらぎの刻~道」 91話
「やすらぎの刻~道」 171話