H1

ムック・臨時増刊

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文春ムック 文藝春秋が見た戦争と日本人

2022/07/21 発売

雑誌バックナンバー

文春ムック 文藝春秋が見た戦争と日本人

文春ムック 文藝春秋が見た戦争と日本人

定価1760 円(税込)

Amazonで購入する

目次

はじめに 保阪正康

編者略歴

1 主役たちの肉声と手記 編・保阪正康

山本五十六が語るロンドン軍縮会議の内幕

私が見た元老西園寺公望 近衛文麿(貴族院議員)

松岡洋右、連盟脱退後の心境を明かす

「東洋のローレンス」の中国生活三十年史 土肥原賢二(陸軍大将)

失脚した真崎甚三郎に弁明を聞く 有明六郎

南京攻略司令官 松井石根が「反中」を叱る

「悲劇の宰相」広田弘毅のスパイ時代とソ連観

木戸幸一、昭和天皇の苦悩を語る 大平進一(元新聞記者) 

満洲のメディア王、新聞雑誌に物申す 甘粕正彦(芸文協会会長)

東條英機 最後の日記

コラム ロシア文学を語る 荒木貞夫(陸軍大臣)

2 軍人たちの素顔 編・保阪正康

父、渡辺錠太郎を殺した軍人 渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)

満洲事変を起こした板垣征四郎は泣き虫だった 板垣賛造(実兄)

山本元帥の生家を訪ねる 鈴木貢(『オール讀物』編集部)

同級生が語る畑俊六元帥の秘話 塩野季彦(司法大臣)

部下から見た石原莞爾の哲人的生涯 田中新一(陸軍中将)

コラム 松岡洋右さんをやり込めた話 今村均(陸軍大将)

3 作家たちの戦争 編・辻田真佐憲

菊池寛、軍神・西住戦車長の母に会う 岩崎栄(東京日日新聞記者)

剣豪小説家 五味康祐の従軍記

海軍宣伝班時代の思い出 井伏鱒二

弱兵奮戦録 大岡昇平

「田辺写真館」焼失 母は強し 田辺聖子

敗戦の年の将校生徒 西村京太郎

4 戦場の証言 編・保阪正康

真珠湾までの山本五十六 福留繁(海軍中将)

文藝春秋社員 戦場の手記 鷲尾洋三(陸軍伍長、『話』編集部員) 

吉川英治が将校たちに航空戦の実態を聞く

「マレーの虎」山下奉文、幻の手記 保阪正康(ノンフィクション作家)

日本陸軍最後の日 下村定(陸軍大臣)

コラム 我れ若し従軍せば 古川ロッパ(喜劇役者)

5 取材者たちの記録 編・辻田真佐憲

二・二六事件、被害者宅を連続訪問する

戦時下の銀座、浅草を飲み歩く 小野佐世男(漫画家・エッセイスト)

頭山満、蒋介石と相撲を語る 鈴木氏亨(文藝春秋専務)

生きている十三人の大将 村上兵衛(評論家)

鎮魂曲・特攻の妻たち 澤地久枝(ノンフィクション作家)

特別寄稿 文藝春秋の昭和十六年十二月八日 平山周吉(雑文家)

6 私の戦争体験 編・辻田真佐憲

特別対談 アスリートの見た戦場

沢村栄治(プロ野球選手)×笹崎僙(プロボクサー)

戦時下を生きた九人の記憶
三笠宮崇仁親王 中曾根康弘 水木しげる
千玄室 橋田壽賀子 美輪明宏
丹波哲郎 佐藤安枝 ドナルド・キーン

座談会 満洲のいちばん長い日
澤地久枝 ジェームス三木 藤原作弥
小澤俊夫 神代喜雄
福永嫮生 天野博之 保阪正康

命からがら逃げた東京大空襲 半藤一利(作家)

おわりに 辻田真佐憲