H1

文學界

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文學界 2022年1月号

2021/12/07 発売

雑誌バックナンバー

文學界 2022年1月号

総力特集 笑ってはいけない?
対談 國分功一郎×若林正恭

定価1100円(税込)

Amazonで購入する定期購読はこちら

目次

新年創作饗宴
多和田葉子 わたしのボロット

阿部和重 Let's Pretend We're Married

絲山秋子 花と大日向

滝口悠生 窓目くんの手記

上田岳弘 K

石原慎太郎 空中の恋人

対談
國分功一郎×若林正恭 目的もなく遊び続けろ
哲学をなぜ学ぶ? 「暇」の大切さとは? 日本を生き抜くための対話

新連載
藤原麻里菜 余計なことで忙しい
「無駄づくり」を主な活動とする著者が、次に精を出すのは「余計なこと」!

総力特集 笑ってはいけない?
文学とも深い関係にある「笑い」の現在を、作家、芸人、批評家、美術作家が集まって多角的に考えてみました

創作
筒井康隆 文士と夜警

松尾スズキ 許されない男

津村記久子 我が社の心霊写真

高山羽根子 彼らはなんどもベルを鳴らす

平山夢明 Suck it! ASAP――急いで口で吸え!

対談
奥泉光×藤野可織 笑いは文学の最も強力な武器である

加納愛子×Saku Yanagawa 笑えない時代のコメディ

エッセイ
町屋良平 笑い上戸の私

上田岳弘 どかーん

千葉雅也 最初のブラックジョーク

春日武彦 エベレストと雨傘

三遊亭白鳥 寄席の爆笑

古川真人 あぶない、落ちるぞ!

村井理子 笑えない高校受験の話

李琴峰 思い出し反日笑い

立川吉笑 潮

栗原康 われわれは未来の原始人だ

高橋弘希 第三の挿話

内澤旬子 どう考えてもおかしい

平野啓一郎 予期せぬことがなくなって

インタビュー
岩崎う大 「おもしろい」は美しい

批評
九龍ジョー ハイそれまでョの世界――快楽亭ブラック舌禍裁判をめぐって

西村紗知 お笑いの批評的方法論あるいはニッポンの社長について

矢野利裕 近代社会でウケること――包摂と逸脱のあいだ

漫画
パピヨン本田

巻頭表現
石松佳 葉

リレーエッセイ
私の身体を生きる 新年号スペシャル
エリイ 両乳房を露出したまま過ごす

能町みね子 敵としての身体

連続対談
“恋愛”の今は 新連載第二回
ゲスト 濱口竜介×西森路代 おずおずと、やっていく

批評
佐々木敦 神と人との間――濱口竜介『偶然と想像』論

批評
千木良悠子 橋本治と日本語の言文一致体

追悼・瀬戸内寂聴
横尾忠則 心の奥底から奥底へ

連載
平民金子 めしとまち 第九回

北村匡平 椎名林檎論――乱調の音楽 第十一回

成田悠輔 未来の超克 第十回

高橋弘希
音楽が鳴りやんだら 第十二回
近現代音楽史概論B 第十二講

コラム
遊歩遊心 第二十八回 松浦寿輝

むらむら読書 第四十八回 犬山紙子

きれぎれのハミング 第四十九回 柴田聡子

新人小説月評 鳥澤光 綾門優季

文學界図書室
綿矢りさ『オーラの発表会』(高島鈴)
上田岳弘『旅のない』(吉川浩満)
佐々木敦『半睡』(山本浩貴)
山内志朗『わからないまま考える』(吉村萬壱)
『田辺聖子 十八歳の日の記録』(柿内正午)

文學界新人賞応募規定 / 執筆者紹介