H1

文學界

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文學界 2021年12月号

2021/11/06 発売

雑誌バックナンバー

文學界 2021年12月号

創作 鴻池留衣・九段理江
特集 旅へ! いしいしんじ・小山田浩子ほか

定価1100円(税込)

Amazonで購入する定期購読はこちら

目次

創作
鴻池留衣 フェミニストのままじゃいられない 210枚
実際の連続殺人をもとにした舞台劇『貴子とマサキの恋物語』の幕が開く。予測不能のラストへと疾走する怪作!

九段理江 Schoolgirl 文學界新人賞受賞第一作 135枚
「お母さんは空っぽだから」14歳の娘は私にこう言った。Z世代をあざやかに描き出す飛翔作

山下澄人 君たちはしかし再び来い

須藤薫子 ヌマンド 二〇二一年下半期同人雑誌優秀作

対談
東畑開人×藤崎彩織
心のトリセツ
悩み続ける臨床心理士とアーティストが、心との付き合い方を考える

松尾スズキ×安藤玉恵
酒への遺書
酒で破滅していく男女を描いた小説『矢印』を、酒への愛憎を込めて語る

特集 旅へ!
海へ、外国へ、この地上に存在しない場所へ──五人の作者による「読む旅」

小山田浩子 海へ

いしいしんじ 最低で最高のジャマイカ

宮内悠介 行かなかった旅の記録

藤原無雨 ナムストロビア紀行

堂園昌彦 連環する旅行記たち

レポート
石井光太
言葉を失った少年たち──どん底からの国語力再生

巻頭表現
平岡直子 パラパラ漫画

エセー
杉野希妃 愛のまなざしを

Author's Eyes
岨手由貴子 理念と実情

連載
平民金子 めしとまち 第八回

北村匡平 椎名林檎論――乱調の音楽 第十回

高橋弘希
音楽が鳴りやんだら 第十一回
近現代音楽史概論B 第十一講

辻原登 隠(かく)し女(め)小春 最終回

西村賢太 雨滴は続く 第四十四回

宮本輝 潮音(ちょうおん) 第七十回

コラム
遊歩遊心 第二十七回 松浦寿輝

むらむら読書 第四十七回 犬山紙子

きれぎれのハミング 第四十八回 柴田聡子

新人小説月評 鳥澤光 綾門優季

文學界図書室
小川公代『ケアの倫理とエンパワメント』(河野真太郎)
平松洋子『父のビスコ』(伊藤比呂美)

文學界新人賞応募規定 / 執筆者紹介