H1

文學界

【参】ページタイトル背景画像(雑誌事業)
ページタイトル背景画像
お知らせ:表示

文學界 2020年6月号

2020/05/07 発売

雑誌バックナンバー

文學界 2020年6月号

対談 松浦理英子×濱野ちひろ
創作 滝口悠生・山下澄人・高橋弘希

定価990円(本体900円)  

Amazonで購入する定期購読はこちら

目次

創作
石原燃 赤い砂を蹴る 200枚
亡き母の声を探し千夏はブラジルへ向かう。気鋭の劇作家、渾身のデビュー小説!

椎名誠 播種期 連載完結

滝口悠生 火の通り方

山下澄人 空から降る石、中からあく穴

高橋弘希 湯治

森岡篤史 炎天街 二〇二〇年上半期同人雑誌優秀作

対談
松浦理英子×濱野ちひろ
動物と人間は愛しあえるか?
動物性愛者についての話題のルポルタージュ『聖なるズー』をめぐる、性の深淵に触れる対談

往復書簡
新井英樹×渡辺あや
大人の罪と、新しい闘い方
今日、人間のつながりはいかにして可能なのか。気鋭の漫画家と脚本家の魂の対話

特別エッセイ
石原慎太郎 僕たちの時代

神藏美子 聖(セント)コミマサと奇蹟の父
天才写真家が作家の没後二十年に送る、田中小実昌とその父への旅

評論
朝比奈弘治 小説の自立をめぐって──フローベールが夢見た書物

巻頭表現
イトイ圭

エセー
佐藤良明 ディランに率いられて

市原佐都子 ウイルスを肯定する

川野芽生 竜になるための研究

吉田喜重 何故私は忌むべきナチス副総統ルドルフ・ヘスに興味を持つに至ったのか

Author's Eyes
永田希 食と読書とテクノロジーの奇妙な味わいを

連載
ブレイディみかこ アナーキック・エンパシー 他者の靴を履くための考察 第三回

山内志朗 倫理のレッスン 第七回

落合陽一 風景論 第八回

横尾忠則 原郷の森 第十一回

西村賢太 雨滴は続く 第二十八回

宮本輝 潮音(ちょうおん) 第五十五回

コラム
遊歩遊心 第九回 松浦寿輝

BOOKSのんべえ 第二十三回 木村衣有子

むらむら読書 第二十九回 犬山紙子

きれぎれのハミング 第三十回 柴田聡子

時事殺し 第五十二回 武田砂鉄

若き藝能者たち 第五十五回 九龍ジョー

新人小説月評 古谷利裕 小林久美子

文學界図書室
村上龍『MISSING 失われているもの』(池田雄一)
田中慎弥『地に這うものの記録』(松永美穂)
藤野可織『ピエタとトランジ〈完全版〉』(王谷晶)
今村夏子『木になった亜沙』(李琴峰)
李龍徳『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(日比嘉高)

文學界新人賞応募規定 / 執筆者紹介 / 次号予告