芥川龍之介賞 最新情報

第158回芥川賞は石井遊佳さんと若竹千佐子さんに決定!(平成29年下半期)

第158回芥川龍之介賞の選考委員会が平成30年1月16日(火)午後5時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から石井遊佳さん「百年泥」若竹千佐子さん「おらおらでひとりいぐも」が授賞作に決まりました。

石井遊佳さん

石井遊佳さん

若竹千佐子さん

若竹千佐子さん

候補者名候補作掲載誌月号
石井遊佳(いしい ゆうか)受賞百年泥新潮11月号
木村紅美(きむら くみ)雪子さんの足音群像9月号
前田司郎(まえだ しろう)愛が挟み撃ち文學界12月号
宮内悠介(みやうち ゆうすけ)ディレイ・エフェクトたべるのがおそいvol.4
若竹千佐子(わかたけ ちさこ)受賞おらおらでひとりいぐも文藝冬号

同日発表 直木賞のページはこちら

石井遊佳受賞
大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科インド哲学仏教学博士課程満期退学。日本語教師。2017年「百年泥」で第49回新潮新人賞を受賞。
〈作品〉「百年泥」17年新潮11月号。
木村紅美
1976年兵庫県生まれ。その後、福岡県、千葉県などに住み、小学校6年の後半から高校卒業まで宮城県仙台市。現在の実家は岩手県盛岡市。仙台向山高校、明治学院大学文学部芸術学科卒業。2006年「風化する女」で第102回文學界新人賞を受賞しデビュー。
〈作品〉「風化する女」06年文學界6月号、単行本は07年文藝春秋刊。『イギリス海岸 イーハトーヴ短篇集』08年メディアファクトリー刊。「月食の日」08年文學界5月号=第139回芥川賞候補、単行本は09年文藝春秋刊。『見知らぬ人へ、おめでとう』10年講談社刊。『春待ち海岸カルナヴァル』11年新潮社刊。『夜の隅のアトリエ』12年文藝春秋刊=第35回野間文芸新人賞候補。『まっぷたつの先生』16年中央公論新社刊。
前田司郎
1977年東京都品川区生まれ。97年劇団「五反田団」を旗揚げ。以後全ての作品の劇作・演出を担当。2005年「愛でもない青春でもない旅立たない」で小説家デビュー。08年「生きてるものはいないのか」で第52回岸田國士戯曲賞受賞。15年「徒歩7分」で第33回向田邦子賞受賞。
〈作品〉「愛でもない青春でもない旅立たない」05年群像8月号、単行本は05年講談社刊。「グレート生活アドベンチャー」07年新潮5月号=第137回芥川賞候補、単行本は07年新潮社刊。『夏の水の半魚人』09年扶桑社刊=第22回三島由紀夫賞受賞。
宮内悠介
1979年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2010年「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞、12年同作収録の『盤上の夜』で単行本デビュー。
〈作品〉『盤上の夜』12年東京創元社刊=第147回直木賞候補、第33回日本SF大賞受賞。13年第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞受賞。『ヨハネスブルグの天使たち』13年早川書房刊=第149回直木賞候補。『エクソダス症候群』15年東京創元社刊。『アメリカ最後の実験』16年新潮社刊=第29回山本周五郎賞候補。『彼女がエスパーだったころ』16年講談社刊=第38回吉川英治文学新人賞受賞。『スペース金融道』16年河出書房新社刊。『月と太陽の盤』16年光文社刊。「カブールの園」16年文學界10月号=第156回芥川賞候補、単行本は17年文藝春秋刊=第30回三島由紀夫賞受賞。『あとは野となれ大和撫子』17年KADOKAWA刊=第157回直木賞候補。
若竹千佐子受賞
1954年岩手県遠野市生まれ。岩手大学教育学部卒業。現在、主婦。2017年「おらおらでひとりいぐも」で第54回文藝賞を受賞しデビュー。
〈作品〉「おらおらでひとりいぐも」17年文藝冬号、単行本は河出書房新社刊。

過去の受賞者一覧はこちら

TOP