芥川龍之介賞 最新情報

第160回芥川賞は上田岳弘さんと町屋良平さんに決定!(平成30年下半期)

第160回芥川龍之介賞の選考委員会が平成31年1月16日(水)午後4時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から上田岳弘さん「ニムロッド」町屋良平さん「1R(いちらうんど)1分34秒」が授賞作に決まりました。

上田岳弘さん

上田岳弘さん

町屋良平さん

町屋良平さん

候補者名候補作掲載誌月号
上田岳弘(うえだ たかひろ)受賞ニムロッド群像12月号
鴻池留衣(こうのいけ るい)ジャップ・ン・ロール・ヒーロー新潮9月号
砂川文次(すなかわ ぶんじ)戦場のレビヤタン文學界12月号
高山羽根子(たかやま はねこ)居た場所文藝冬季号
古市憲寿(ふるいち のりとし)平成くん、さようなら文學界9月号
町屋良平(まちや りょうへい)受賞1R(いちらうんど)1分34秒新潮11月号

同日発表 直木賞のページはこちら

上田岳弘受賞
1979年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、法人向けソリューションメーカーの立ち上げに参画し、現在同社で役員を務める。2013年「太陽」で第45回新潮新人賞を受賞してデビュー。15年「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞を受賞。16年、GRANTA Best of Young Japanese Novelistsに選出。18年『塔と重力』で第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。
<作品>「太陽」2013年新潮11月号=第27回三島由紀夫賞候補。「惑星」14年新潮8月号=第152回芥川賞候補。『太陽・惑星』14年新潮社刊。「私の恋人」15年新潮4月号=第28回三島由紀夫賞受賞、単行本は15年新潮社刊。「異郷の友人」15年新潮12月号=第154回芥川賞候補、単行本は16年新潮社刊=第38回野間文芸新人賞候補。『塔と重力』17年新潮社刊=第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
鴻池留衣
1987年生まれ。慶應義塾大学文学部中退。2016年「二人組み」で第48回新潮新人賞を受賞してデビュー。
<作品> 「二人組み」2016年新潮11月号=第48回新潮新人賞。「ナイス・エイジ」17年新潮7月号、単行本は18年新潮社刊(「二人組み」併録)。
砂川文次
1990年生まれ。神奈川大学卒。元自衛官。都内区役所勤務。2016年「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞。
<作品>「市街戦」2016年文學界5月号=第121回文學界新人賞。「熊狩り」16年文學界11月号。「バベルの褒賞」17年文學界11月号。
高山羽根子
1975年生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出される。同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。16年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。
<作品>『うどん キツネつきの』2014年東京創元社刊=第36回日本SF大賞最終候補。「太陽の側の島」16年婦人公論4月12日号。「オブジェクタム」18年小説トリッパー春号、単行本は18年朝日新聞出版刊(「太陽の側の島」併録)。
古市憲寿
1985年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2013年第4回日本学術振興会「育志賞」受賞。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。
<作品>『絶望の国の幸福な若者たち』2011年講談社刊。『保育園義務教育化』15年小学館刊。「彼は本当は優しい」18年文學界4月号。
町屋良平受賞
1983年生まれ。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。同年、同作を収録した『青が破れる』でデビュー。
<作品>『青が破れる』2016年河出書房新社刊=第30回三島由紀夫賞候補。「しき」18年文藝夏季号=第159回芥川賞候補、単行本は18年河出書房新社刊=第40回野間文芸新人賞候補。

過去の受賞者一覧はこちら

TOP