芥川龍之介賞 最新情報

第161回芥川賞は今村夏子さんに決定!(2019年上半期)

第161回芥川龍之介賞の選考委員会が2019年7月17日(水)午後4時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から今村夏子さん「むらさきのスカートの女」が授賞作に決まりました。

今村夏子さん

今村夏子さん

候補者名候補作掲載誌月号
今村夏子(いまむら なつこ)受賞むらさきのスカートの女小説トリッパー春号
高山羽根子(たかやま はねこ)カム・ギャザー・ラウンド・ピープルすばる5月号
古市憲寿(ふるいち のりとし)百の夜は跳ねて新潮6月号
古川真人(ふるかわ まこと)ラッコの家文學界1月号
李琴峰(り ことみ)五つ数えれば三日月が文學界6月号

同日発表 直木賞のページはこちら

今村夏子受賞
1980年生まれ。2010年「あたらしい娘」(のちに「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。11年『こちらあみ子』でデビュー。
〈作品〉『こちらあみ子』2011年筑摩書房刊=第24回三島由紀夫賞受賞。「あひる」16年たべるのがおそいvol.1=第155回芥川賞候補、単行本は16年書肆侃侃房刊=第5回河合隼雄物語賞受賞。「星の子」17年小説トリッパー春号=第157回芥川賞候補、単行本は17年朝日新聞出版刊=第39回野間文芸新人賞受賞。「木になった亜沙」文學界17年10月号。「ある夜の思い出」18年たべるのがおそいvol.5。『父と私の桜尾通り商店街』19年KADOKAWA刊。
高山羽根子
1975年生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出される。同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。16年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。
〈作品〉『うどん キツネつきの』2014年東京創元社刊=第36回日本SF大賞最終候補。「太陽の側の島」16年婦人公論4月12日号。「オブジェクタム」18年小説トリッパー春号、単行本は18年朝日新聞出版刊(「太陽の側の島」併録)=第39回日本SF大賞最終候補。「居た場所」18年文藝冬季号=第160回芥川賞候補、単行本は19年河出書房新社刊。
古市憲寿
1985年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2013年第4回日本学術振興会「育志賞」受賞。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。
〈作品〉『絶望の国の幸福な若者たち』2011年講談社刊。『保育園義務教育化』15年小学館刊。「彼は本当は優しい」18年文學界4月号。「平成くん、さようなら」18年文學界9月号=第160回芥川賞候補、単行本は18年文藝春秋刊。
古川真人
1988年生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。
〈作品〉「縫わんばならん」2016年新潮11月号=第156回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊。「四時過ぎの船」17年新潮6月号=第157回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊=第31回三島由紀夫賞候補。「窓」18年新潮7月号。
李琴峰
1989年生まれ。中国語を第一言語としながら、15歳より日本語を学習。また、その頃から中国語で小説創作を試みる。2013年、台湾大学卒業後に来日。15年に早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程を修了し、16年民間企業に就職。17年、「独舞」にて第60回群像新人文学賞優秀作を受賞しデビュー。18年末に勤務先を退職し、19年より作家・翻訳家・通訳者として活動中。
〈作品〉「独舞」群像17年6月号、単行本(『独り舞』と改題)は18年講談社刊。自身の訳による中国語版が『獨舞』として19年台湾・聯合文學出版社刊。「流光」17年群像11月号。「ディアスポラ・オブ・アジア」17年三田文學秋季号。「セイナイト」19年群像4月号。

過去の受賞者一覧はこちら

TOP