文藝春秋 採用案内2018

「週刊文春」若手記者の1週間を密着撮!

事態は動いている。舛添知事の記者会見。噴出する疑惑に対して、記者から鋭い質問が飛ぶ。だが、われわれが掴んでいる新たな疑惑は、いまだ表には出ていない。さらなる裏取りのため、公開情報を入念に調べつつ、取材対象者周辺の閉じた人間関係へと迫る。取材は、徐々に熱を帯びていく――。

金曜日

関係者の飲食店に、潜入取材敢行!

9:30新聞チェック

 朝刊に目を通し、事態の推移と続報の有無を確認。必要な記事はコピーして取材班で共有します。

11:00電話取材

 ある都庁関係者に電話をかけ、舛添都知事が公用でN響コンサートに行っているという情報を入手。

12:00裏取り

 その証言に間違いがないか、新聞、ネット、行政文書などを見て確かめます。細かな見落としが記事全体の信憑性を損なうので、入念に。

13:00報告

 証言とその裏付けを持って、カキ担当記者に報告。「もう一人証言が取れれば……」とさらなる裏取りを指示されました。同時に、証言が取れなかった時のために、舛添氏の有力支援者についての取材も進めるという方針でいくことも知らされました。取材が重複してしまったり、誰かがするだろうと思い込んで取材しなかったりといった無駄を省くべく、連絡は緊密に行います。

14:00舛添都知事記者会見

 テレビで舛添氏の記者会見の様子を見ました。

3.他の媒体との、埋めがたい時間差

 取材している人物やテーマについて、リアルタイムで起きている情報は漏らさず、早く仕入れるようにしています。しかし、毎秒ごとに更新されるネット、リアルタイムで速報を打つテレビ、朝夕情報を提供する新聞、いずれの媒体に比べても、週刊誌は読者の目に触れるのが圧倒的に遅く、この差を埋めることは難しいのが現実です。
 では、他の媒体といかにして闘っていくか。会見での発言や他の報道を受けて、取材対象や範囲を柔軟に選択し、時間をかけて丹念に記事を作り上げること。速報性では他の媒体に負けますが、それが週刊誌の醍醐味とも言えます。
 ちなみに……。「週刊文春デジタル」での「スクープ速報」や、「文春オンライン」でのニュース配信も行っています。

20:00潜入取材

 有力支援者が通っていたとされる居酒屋にチームで潜入。ドアを開けていきなり名乗るのではなく、とりあえず店に入ってみることを「潜入取材」と言います。居酒屋の店主と話ができるまで、夜遅くまで待ち続けました。

土曜日

「お話聞かせてください!」と、いざ出張(日帰り)。

9:00飛行機で四国に移動

 舛添氏を支援し続ける人物の取材を進めるため、親族のいる四国へ。

4.現場主義

 文藝春秋は東京の本社のみで、新聞社のように各地に支局があるわけではありません。取材対象のいるところ、国内外を問わず、どこにでも出張します。とくに〝発生モノ〟と呼ばれる事件や災害の取材は、一分一秒を争って現場に向かいます。記者自らが見て、聞いて、感じたことが記事に厚みをもたらします。

13:00昼食

 うどんを食べる。その土地のおいしいものが食べられるのが出張の楽しみだったりします。日帰り出張になることも多いため、食事の時間は現地の雰囲気を感じることができ、ほっと一息です。

15:00関係者親族宅に訪問取材

 ピンポンを押して、取材をお願いすると親族が快く迎え入れてくれました。玄関を上がったところに腰を掛けて、話を聞くことに。

5.エピソードが欲しい!

 記事で登場する人物について取り上げる場合、その人がどんな人なのか、その人柄について触れることが多くなってきます。
 物静かな人でした――そんな形容詞での取材だけでは、いまいちどんな人だったのかわからず、この表現だけでは記事に活かすことはできません。
 周りに友人がいても、静かだったのか? そうだとしたら、なぜ静かに、どんな様子で人の話を聞いていたのか? そんな人物が大きな声を出した時は? より具体的に、具体的に。文字だけを読む読者が想像して理解できるように、その人を物語るエピソードを取材では意識することが多いです。

19:00帰宅

 羽を伸ばす暇なく(当然ですが)、飛行機の最終便で東京に戻りました。

日曜日

空振り続きの1日。こんな日もあるさ……。

10:30関係者宅へ、訪問取材

 昼は裏取りのため、関係者の自宅へ。家人曰く、「家にいない」とのこと。その他何名かの関係者宅に伺うも、この日は誰とも会うことができず。
 アポ無しで自宅や立ち寄る(であろう)場所に行くので、空振りに終わることも日常茶飯事です。いつだったら話が聞けるかを考えて、再訪することにします。

夕方タイトル決定

 取材中の記事タイトルが決まりました。「舛添都知事新疑惑! 公用車でN響年末第九コンサートに夫婦で!」。

20:00取材先の選定

 N響コンサートがどのような会かを語ってくれる専門家を探しました。明日の取材OKを取り付けたところで、本日は帰宅。

重要証言入手! 取材は大詰めへ。