文藝春秋 採用採用案内2018

CREA Traveller

ハイクラスなビジュアルで、上質な文化を求める読者の期待に応える
CREA Web

担当者が選ぶ2016イチオシ企画

ティファニーとコラボ! 大好評の付録『NYウェディングブック』(夏号「熱きロンドン」特集)

「世界中がアイ・ラヴ・ユー!」をテーマに作成した大型付録、ウェディングブックが大変な好評でした。ブルックリンブリッジやセントラルパークでのファッション撮影は、スニーカーにウェディングドレスといった最旬のスタイリングに注目が。人気の結婚指輪カタログ、そして愛を語るリングの象徴となっているブランド、ティファニーとのコラボ企画など60ページにもわたるボリューミーな内容でした。ティファニーを愛するNY在住のカップルにもインタビューを敢行、人種や性別を超えた4組のかたがたのストーリーは、大変読み応えのあるものでした。

編集長メッセージ

世界中を旅します

「CREA Traveller」は、「CREA」からスピンアウトした旅行誌です。もともと「CREA」の旅記事に定評があることから創刊、現在は年に4回発刊しています。
 旅の専門誌なので一冊すべてが旅一色です。他にも旅の雑誌やガイドブックがあるなか、「Traveller」はハイエンドな旅先を提案、他誌と一線を画しています。第一特集の内容は海外が多く100頁ほど展開、第二特集以降は国内企画も掲載。ファッションやビューティの記事も何かしら「旅」の色付けをして紹介しています。

 私自身、旅行が大好きでした。大学生の時はアルバイトで貯金してはモトクロスバイクで日本を一周したり、海外へホームステイに出かけたりしていました。社会人になってから時間がなかなか取れないものの、旅行へ行くときは旅先で自分のやりたいこと全てをこなすような濃密な時間を作るようにしています。それが今、編集を続けるうえで自分の財産になっている気もします。

 みなさんも一度は、旅へ出かけたことがあると思います。特別な、高価な旅行でなくてかまいません。旅先でどんな楽しみ方をされたか、何をしたら一番印象的だったのか、誰と出逢って何をしたのか。そんな貴重な経験と行動が「Traveller」の企画に繋がります。「Traveller」は海外出張も多いので英語など外国語が話せると有利ではあるものの、それ以上に、旅にどんな素敵なストーリーを展開できるかが何よりも大切です。

 編集者に必須な「体力」は、もちろん「Traveller」でも必要です。時差を超えての仕事にもなるので、それはなおさらのこと。同時に、色々な人との出逢いを楽しめる心も重要です。カメラマンやコーディネーターなど日本人スタッフはもちろん、海外のシェフやホテル、美術館関係のかたがたとご一緒することも多々。国境を越えた出逢いを心から楽しめる気持ちが必要です。
 少しでも「Traveller」にご興味があるなら、まずはみなさんのもっとも思い出に残る旅を教えてください。お待ちしております。

「CREA Traveller」編集長
倉林里実

新卒時 金融系企業に就職
  4年目 出版業界に転身
20年目 「CREA」編集長
2013年から現職