トップ雑誌>文藝春秋SPECIAL

文藝春秋SPECIAL 2011年冬号 この国で死ぬということ

    巻頭随筆

  • 柳田邦男  言葉は「いのち」の伝導者

  • 上野千鶴子さて、どうやって死ぬか、それが問題だ

  • 藤原新也  無限寛容

    SPECIAL ESSAY  死を想う(1)

    終末期医療から葬式・墓にいたるまで、変わりつつある「死」の周辺。
    こんな時代に「死」を通して考えたこと、感じたこと。
  • 吉行和子 私達はまた笑い合うことが出来る
  • 堀田 力 死章三訓
  • 釈 徹宗 「おかえり」と言ってもらうために生きる
  • 高山文彦 故郷の人たちのおかげ
  • 田部井淳子 お腹をすかして来て下さい
  • 渡辺尚志 江戸時代人の死生観
  • 石井直方 生と死の理、そして老いの意味
  • 伊藤比呂美 いつか死ぬ、それまで生きる
  • 清水哲郎 いのちの物語りは死を超えるか
  • 中野 翠 「それだけのことだ」ではあるけれど……
  • 清水義範 「大悟」とおののきと
  • 石川 好 死とのニアミス
  • 小泉武夫 「食欲」と「愛欲」から「死」を考える
  • 南 伸坊 「自分が死ぬこと」を考えるというのはどういうことか?
  • 久田 恵 では、このへんで
  • 佐野眞一 大病から生還して
  • 山折哲雄 臨終期高齢者の関門

    SPECIAL ESSAY  死を想う(2)

  • 石牟礼道子 草の露
  • 木田 元 哲学は死の練習になるのか
  • 玄侑宗久 死がまとう生の衣装
  • 柴田 翔 向こう側からの声
  • 横尾忠則 遊ぶように生きる
  • 川口有美子 胎盤剥離の前夜を想う
  • 鈴木忠志 夢の野垂れ死に
  • 池内 了 死と生のつながり
  • 亀山郁夫 永遠のとき
  • 最相葉月 「余命」という名の時間
  • 池田清彦 死を想わない
  • 山根貞男 時代劇における死のイメージ
  • 土屋賢二 わたしの生き方・死に方
  • 後藤正治 店仕舞いもまたよし
  • ジェームス三木 歴史の中継ランナー
  • 上野正彦 あの世にも宝物
  • 加藤恭子 再会を願いつつ
  • 加賀乙彦 自分の死を想う

    看取りの作法

  • 中川恵一  見習いたい死の姿
  • 渡辺敏恵  後悔しない看取りのために
  • 宮永和夫  診取りを通じて受け継ぐもの
  • 久坂部羊  対照的な二つの死
  • 色平哲郎  山村で学んだ「出会いと別れ」
  • 徳永 進   死の温かさ
  • 終末期 困った時のホームページ

    生きる心得

  • 保阪正康 「人生の決断」に三つの掟
  • 樋口 強   普通のことが普通にできる
  • ピーコ   生かされている理由とは
  • 鴨下信一   死よりも怖い「不死」
  • 海老名香葉子   死ぬのは怖くないけれど
  • 徳岡孝夫   病前・病後の死生観
  • 大橋巨泉   切って下さい
  • 早坂 暁   生きる心得、死ぬる心得

    綴じ込み付録 監修:島田裕巳

  • 書き込み式 悔いなく生ききるためのエンディング・ノート 
  • 死後の手続き、誰にどう託せば安心か

       小谷みどり
  • SPECIAL REPORTAGE    

    長寿社会の失楽園

       奥野修司

    現場から見えてきたもの

    自分らしい最期を迎えたいと考える人が増える一方で、 現場ではいま、ひと昔前には考えられなかったことが起きている。
  • 板倉弘政(NHK「無縁社会プロジェクト」取材班) 広がる「無縁社会」、その後
  • 小笠原重行(きずなの会)緊急時の対応から納骨まで、一人暮らしのサポート
  • 結城康博(淑徳大学社会福祉学科)「おカネ」があっても孤立化する老後
  • 山本雅基(ホスピス「きぼうのいえ」)
    行き倒れていたかもしれぬ人々のホスピスから
  • 井形昭弘(日本尊厳死協会)尊厳死希望、今では十二万人を超える
  • 寺村久義(墓石販売・葬儀「ニチリョク」)「ラスト・ホテル」で幸せな最期を
  • 安田睦彦(葬送の自由をすすめる会)拡大する自然葬の輪
  • 吉田太一(遺品整理専門サービス「キーパーズ」)
    生前に遺品整理を申し込む人が増えている
  • 碑文谷創(隔月刊誌「SOGI(葬儀)」)時代とともに変わる墓

    連載対談 死を想う 最終回

  • あの世があれば、気が楽になるホスト・帯津良一 ゲスト・谷川晃一

  • その日の前に知っておきたいこと11

          奥山晶子
  • エッセイ漫画

    「凡夫死ヲ想フ」

          山口 晃
  • 読書案内

    「死を思索する本」

          東谷 暁
  • 執筆者だより/読者サロン

    連載

  • 聡明な大人は料理がうまい 第三回 骨の基礎固め 桐島洋子

  • ふたりで歩く古典散歩 第四回 皇居周辺 藤原正彦・藤原美子


最新号目次
バックナンバー
終末期 困った時のホームページ