トップ雑誌
素晴らしき日本語の世界
[巻頭エッセイ]
北原保雄  日本語の魅力 大岡 信  たとへていへば
外山滋比古  美しい日本語をこえて
特集
日本語の世界
杉本つとむ

語源・曼陀羅

久保田 淳

「さざれ水」「忘れ水」

野火 迅

武士語が運ぶ武士の遺伝子

遠藤織枝

日本語と女性のことば

小林千草

一〇〇年目の女ことば

清 ルミ

「優しい日本語」は粋!

安本美典

卑弥呼が話していた日本語

今尾恵介

古語・方言を映す地名

佐藤貴裕

若者言葉と方言への期待

三宅和子

ケータイ語――ことば遊び文化の落とし子

亀井 肇

「華のある新語」を探して

都築響一

詠み人知らずの国の未来

特集
漢字の世界
土屋秀宇

「代用」でなく「本物」の漢字を

笹原宏之

国字に込められた日本人の表現

高橋政巳

篆書から漢字を感じる

松井高志

難読あて字の世界

角田美里

四字熟語・漢字パズル

対談
丸谷才一
井上ひさし

がんばれ! 日本語

秋葉原通り魔事件、官僚による日本語破壊、日本の新聞はなぜつまらないか
日本人が直面する現実を言葉から読み解き、日本語の未来ヘエールを送る

齋藤 孝
武田双雲

身体的日本語論

言葉に身体ごと向き合って、失われた日本人本来の「構え」を取り戻そう!

カラーグラビア
若き書道家・武田双雲の世界 写真・飯窪敏彦
特集
わがお国ことば讃
久田 恵

北海道道産子はのどかでゆるい

長部日出雄

青森県あずましい

高橋克彦

岩手県言葉の原点

西木正明

秋田県古語のラテン風動態保存

田部井淳子

福島県お初さんのサスケネ

立松和平

栃木県栃木弁の微妙さ

出久根達郎

茨城県お晩です

池部 良

東京都尿瓶権

高橋義夫

千葉県浜ことば  幕張・船橋

藤田宜永

福井県ベトにバイちっくりさす

清水義範

愛知県相手によって使い分ける

藤本義一

大阪府大阪弁の面白味

井上章一

京都府七条と四条

松本侑子

島根県出雲にて

土屋賢二

岡山県岡山弁の四大特徴

高樹のぶ子

山口県「ちばける」子供

芦原すなお

香川県ぼくの母国語

黒川博行

愛媛県日本でいちばんのんびりした方言

山本一力

高知県二刀流ぜよ。

黒田勝弘

鹿児島県篤姫さま、もっと鹿児島弁を

池上永一

沖縄県沖縄は言語チャンプルー文化

インタビュー
坂東眞理子 心に届く日本語を身に付ける
特集
手紙を書いてみよう
中島誠之助

私の文房四宝――硯・墨・筆・紙

黒田杏子

その日、生きた証しとして

坂川栄治

私の「手紙のススメ」

猪塚恵美子

知っておきたい筆ペンのマナー

土屋淑子

自由な絵てがみ

特集
美しい日本語の話し方
山根基世

自然な発声とイントネーション

福田 健

言葉は発してこそ、価値がある

久米 明

ことばに命を吹きこむ――演劇と朗読――

吉村達也

論理的な日本語は美しい

特集
私が好きな日本語
マーク・ピーターセン

気難しい恋人との付き合い方

ピーター・フランクル

日本語の素晴らしさ

フランス・ドルヌ

さすが! 日本語の魅力

ロバート キャンベル

日本語に流される心地よさ

ソヨルジャブ

ハルピン学院の教えを胸に生きて

特集
日本語で遊ぶ
今井弘雄

ボケ防止のための言葉遊び

小佐田定雄

落語は駄洒落から始まる?

森 真紀

悪妻盆に帰らず ことわざパロディの愉しみ

荻生待也

言葉遊びで広がる癒しの世界

特集
私の文章読本日本語の達人が選ぶ古今の名文
浅田次郎

陶淵明の宇宙

木田 元

「美しい日本語」という固定観念

高橋睦郎

森鴎外『於母影』

伊藤桂一

私の文章勉強

阿刀田高

個人的な体験

井波律子

中国古典の鋭さとユーモア感覚

長田 弘

ふしぎに雅量あることば

林  望

共振する言葉

連城三紀彦

分析はいらない

鴨下信一

露伴の口述

矢野誠一

藝の日本語

北村 薫

およぐひとのたましひは

児玉 清

小林秀雄と藤沢周平

清川 妙

自然に重ねる人生賛歌

高田 宏

梶井基次郎体験

後藤正治

文は人なり

中西 進

落花の歌句

中村彰彦

和魂漢才の系譜

小池昌代

粘りのある水のように

愛甲次郎

文語の力

赤瀬川原平

言葉が中性的であることの難しさ

森福 都

名文は氷山の水面下にあり

池内 紀

一語の使い方

諸田玲子

二大巨匠のラブシーン

酒井順子

逢坂と枕草子と男女の仲

山口 翼

正確明晰

小椋 佳

歌と言葉

花村萬月

素読以前

平野啓子

語る言葉

特別エッセイ
田辺聖子  愛の義務――古典を伝えてゆくために
コラム
辞書界の巨人たち紀田順一郎
(1)大槻文彦と『言海』 (2)物集高見と『廣文庫』『群書索引』
(3)諸橋轍次と『大漢和辞典』 (4)新村出と『広辞苑』
(5)白川静と『字統』『字訓』『字通』  
読書案内
方言と若者言葉――言葉の伝播と変化  東谷 暁
読者のためのSPECIALサロン
おしまいのページで
女子バレーの声援を聞きながら  徳岡孝夫
編集だより
最新号目次
バックナンバー