トップ雑誌別册文藝春秋>新人発掘プロジェクト

第3回「別册文藝春秋」新人発掘プロジェクト始動

新しく、若い才能を発掘したい。そして、その才能を育てたい――。
そんな思いが詰まっている「新人発掘プロジェクト」、第3回を迎えました。
電子書籍「つんどく! vol.1」(4月26日創刊)誌上が、作品のお披露目の場となった第1期7名に、追いつけ、追い越せと、5月号で決まった第2期メンバー4名も、旧作の直しや新作への取り組みをさっそく開始しています。引き続き、皆さんの「小説家デビューまでの道のり」をバックアップさせてください。
このプロジェクトでは応募原稿を編集部員が読み、
これぞと思った方には最長2年間、担当編集がつきます。
編集者と原稿のやり取りをして、じっくり作品の質を高め、一緒にデビューに向いませんか。

◆新人「賞」ではないの?
なぜ「賞」ではなく「プロジェクト」なのか──。
多くの新人賞と違い、選考委員は編集部員、賞金はありません。
採用されても、すぐに作品を発表、とはならないかもしれません(作品によっては、即掲載・出版もありえます)。その代わり、あなたの才能に惚れ込んだ編集者が担当になり、小説の内容、文章、構成などをご相談しながら作品作りの応援をします。
◆資格
35歳以下の新人による、未発表作品。広義のエンターテインメント小説であればジャンルは問いません。
◆原稿規定
メール添付でのデータ原稿のみ、受け付けます。400字詰め換算で60〜500枚くらい。データ原稿の字詰め・行数は規定しません。縦書き、横書き、どちらでも構いません。メール本文とデータ原稿の冒頭に、表題・ペンネーム・本名・400字詰め換算枚数・400〜1000字程度のあらすじ・生年月日・職業・住所・電話番号・メールアドレスを明記してください。原稿はすべてテキスト形式(文書名の末尾が「.txt」)でお願いいたします。
◆宛先
bessatsubunshun@gmail.com
◆締切
2013年11月30日(土)必着
◆発表
「別冊文藝春秋」2014年5月号

※選考に関する問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。
※採用された作品の出版権、映画化権などの諸権利はすべて(株)文藝春秋に帰属します。

Q&A

◆原稿の形式を詳しく教えてください
ファイル名の末尾が「.txt」の形式での応募をお願いします。テキストエディタで検索していただければ、たくさんのソフト(無料も有料もあり)がダウンロードできます。Wordで作成された場合でも、テキスト形式で保存が可能です。(保存する際、「ファイルの種類」で「書式なし」を選択してください)
なお、テキストの縦書き、横書きは問いません。
◆複数の作品を応募してもよいですか?
2作品までお送りしていただいても構いません。

このプロジェクトの最終目標は、長く書き続けることです。
作家として読者を楽しませ続けるための基礎体力を養って、出版界へ旅立っていってください。