トップ『137億年の物語』が10万部に到達、合格おめでとうヴァージョンを発売

お知らせ

『137億年の物語』が10万部に到達、合格おめでとうヴァージョンを発売

 2012年9月に刊行した『137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史』(クリストファー・ロイド著)は、このたび10万部に到達しました。

 

 本書は、137億年前にビッグバンで宇宙が始まってから現在(3.11後)に至るまでの歴史を、ケンブリッジ大学で歴史を学びサンデータイムス紙で科学記者として活躍したクリストファー・ロイド氏が、自然科学と人文科学の両方の視点から42のテーマに分けてひとりで書いたものです。

 東大合格者数一位の開成高校の教諭が「理系・文系の垣根を超えて歴史を俯瞰、今最も求められる力が知的興奮とともに得られる」(本の話)とこの本を紹介したこともあって、昨年11月の小学校受験が終わったあたりから、合格祝い、入学祝いとして書店で買い求める人たちが増え、クリスマスシーズンでプレゼント需要が加速しました。

 

 今回、『137億年の物語』の10万部到達と、中学高校、大学受験のシーズンにあわせ、リボンの図柄のシールをあしらった合格おめでとうヴァージョンを発売します。

※通常の本にシュリンク(ビニールカバー)をかけ、その上にシールを貼ったもの

目次へ

『137億年の物語  宇宙が始まってから今日までの全歴史』

クリストファー・ロイド・著 野中 香方子・訳
定価:3140円(税込) 
頁数:512P 発売日:2012年09月8日

◆特設サイト:クリストファー・ロイド 『137億年の物語』

◆本の話WEB: 〈新刊を読む〉 
理系・文系の垣根を超えて歴史を俯瞰、
今最も求められる力が知的興奮とともに得られる
 

◆本の話WEB: 〈著者インタビュー〉 クリストファー・ロイド
『137億年の物語』著者が教える わが子を勉強好きにさせる方法