トップ書籍ショールーム文藝春秋の学習参考書 未来を切り開く学力シリーズよくある質問(FAQ)
文藝春秋の学習参考書

この本の特長 (『中学数学発展篇 図形 改訂新版』について)
Q いつごろ取り組めばいいですか?
A
◎短期間で高校入試レベルの実力を身につけたい場合
この『図形』は、集中して取り組めば45日間(約1か月半)で終えることができます。『方程式と関数』(約1か月半)、『確率・統計と総まとめ』(約1か月)、『入試実践』(約半月)とあわせて、最短4か月半で公立トップ〜私立高校入試レベルの実力を養うことができます。
◎中1、2年生が先取り学習したい場合
始める時期はいつでもかまいません。1次方程式までの基礎的な計算力に問題がなければ、今日からでも始めることができます。ただし、第6章「座標平面と図形」では中2、中3で習う関数の知識が、第7章「三平方の定理」以降では中3で習う平方根と2次方程式の知識が不可欠です。
(この回答は『図形』巻末の「Q&A」に載っています)

Q 『方程式と関数』をやっていなくても『図形』はできますか?
A
『図形』の第1章「図形の基本」から第5章「線分比と面積比」までは、『基礎篇』で学ぶ「正負の数」「文字と式」「1次方程式」さえ理解していれば、解くことができます。したがって、必ずしも『方程式と関数』を終えていなくても取り組むことはできます。
しかし、第6章「座標平面と図形」では関数の知識が、第7章「三平方の定理」以降では平方根と2次方程式の知識が不可欠です。そのため、たとえば中1、2年生はいったん第5章まで学習を進めておいて、第6章以降は『方程式と関数』をひととおり終えてから取り組むなどの対策が必要です。
もちろん、すでに2次方程式や関数の解き方が身についている人は、この『図形』からはじめてかまいません。わからなかったときは「復習チェック」で戻る単元を示してあるので、そちらもあわせてご利用ください。
(この回答は『図形』巻末の「Q&A」に載っています)

Q くり返して学習する場合の目安はありますか?
A
間違えた問題はそのままにせず、ミスの原因をきちんと理解して、次の日にもう一度やり直すことが大切です。また、ステップAの半分以上できなかった場合などは、その単元で学んだ内容が理解できていない証拠ですから、翌日同じ単元をくり返す必要があります(時間に余裕があるなら、その日は次の単元に進まなくてもよいでしょう)。
しかし、同じ問題を何日もくり返すと学習意欲がそがれてしまうおそれがあるため、ステップAの8割以上正解で合格、同じ単元は3日以上はくり返さないなどの基準を設けて、次に進んでしまうという方法もあります。ただし、その場合は、いったん最後まで終えてからもう一度最初に戻る、「チェックテスト」で弱点分野だけを復習するといった、フォロー学習が必要になります。
(この回答は『図形』巻末の「Q&A」に載っています)

Q 学校の定期テスト対策はどうしたらいいですか?
A
この『図形』は、教科書の枠組みをすべて取り払い、基礎レベルから高校入試対策まで、最も効率的に学習できるように再構成されています。そのため、中1、2年生が先取り学習する場合も、中3〜高校生が復習する場合も、最短期間で最大の効果が得られるのです。
したがって、日常学習としては、『図形』を頭から順番に解いていくのがベストです。特に図形分野は中3で学ぶ範囲が広すぎるため、学校の進度にあわせていると、新しく学んだことがらに習熟する時間がないまま入試本番を迎えてしまうことにもなりかねないので、学校よりも先、先に学んでおく必要があります。
ですから、ふだんはこの本をできるところまで進めておいて、定期テスト前に出題範囲のページだけをもう一度やり直す、といった使い方がよいでしょう。テストの出題範囲については、「目次」の各単元に該当する学年を表記してあるので、そちらを参考に範囲を特定してください。
(この回答は『図形』巻末の「Q&A」に載っています)
コーナートップ
よくある質問(FAQ)
 ラインナップ
中学数学基礎篇
方程式と関数
図形
確率・統計と総まとめ
入試実践
中学英語反復基礎
速読長文
短文英単語
中学国語基礎篇
図でわかる中学理科
中学生からの勉強法