トップ書籍ショールーム文藝春秋の学習参考書 未来を切り開く学力シリーズよくある質問(FAQ)
文藝春秋の学習参考書

この本の特長 (『小河式プリント 中学数学基礎篇 改訂新版』について)
Q いつごろ取り組めばいいですか?
A
『数学基礎篇』は、小学校段階の算数のつまずきを克服して、中学1年の「一次方程式」までを一気に駆け上がる本です。「一次方程式」は、中2の「連立方程式」「一次関数」、中3の「二次方程式」「二次関数」の土台となるため、ここでつまずいてしまうと、それ以降の数学(図形は除く)は崩壊します。逆に言うと、「正負の数」「文字式」の概念がしっかり理解できて、「一次方程式」の計算に習熟していれば、それ以降の数学(とくに計算問題)は、それほどむずかしいものではありません。「一次方程式」そのものは入試で問われることはそれほどありませんが、「連立方程式」「二次方程式」「関数」など、入試で頻出分野に取り組むためには、「一次方程式」の攻略が前提だということを理解してください。
したがって、この本は、数学が苦手な中学生、高校生なら、誰でも取り組む価値があります(基礎的な計算力を身につけずに高校生になってしまった人も、この本から再スタートを切ることをおすすめします)。中1の範囲をやることに抵抗がある人がいるかもしれませんが、数学は「積み上げ式」の学問なので、つまずいたところまで戻って勉強しないと、効果は期待できません。また、本の半分近くは小学校の算数に割かれているので、小学生が中学校の数学を先取り学習したいときにも有効です。

Q 何度やっても間違えてしまいます。どうしたらいいですか?
A
昨日できたところが今日はできない、同じミスを何度もくり返す、わかっているのかわかっていないのかよくわからない。学習をしている中で、このような悩みをもつ人もたくさんいます。
まず、ミスの原因を特定しましょう。単なる集中力の問題なのか(ケアレスミス)、小数や分数の計算のしかたの問題なのか、「+」「−」の意味がよくわかっていないのか、「x」「y」などの文字の扱いの問題なのか。間違えた問題を丹念に見直して、どこをどう間違ったのか、きちんと理解する必要があります。原因を特定しないで、ただひたすら同じ問題をやっても意味はありません。本人だけではわからないときは、ご両親、学校や塾の先生、家庭教師に手伝ってもらって、とにかく「なぜ間違えたのか」を自覚してください。
原因が特定できたら、該当する分野に戻って問題を解きます。自分が間違えたポイントに気を配りながら練習して、一通りマスターしたと思ったら、先ほどのページに戻り、もう一度同じ問題に取り組んでください。ここで間違えたら、さらに原因を考えます(先ほどとは違う原因で間違えたかもしれないからです)。そして、その原因となる分野に戻って練習し……。このくり返しです。
とても根気のいる作業ですが、たいへんなのははじめだけです。練習を重ねるうちに、だんだん解き方のノウハウが蓄積されてくるので、最初は10戻っていたところを5だけ戻れば復活する、3だけ戻れば復活する、1だけ戻れば復活するといったように、戻る回数も減ってきます。
もう1つ、ミスを減らすうえで大事なポイントは、途中式を省かないことです。途中式を書かないということは、その部分の計算を頭の中だけでやっていることになります。紙に書いて1つ1つ確認すれば間違えないところを、横着して頭の中だけでやろうとするからミスにつながるのです。また、途中式がないと、もし間違えたときに、どこで間違えたのか、その原因もわからなくなります。ですから、途中式は、筆算なども含めてすべて書くことを習慣づけてください。

Q 文章題が苦手です。何かいい方法はありませんか?
A
文章題の意味がわからないときは、まず声に出して読んでみることです。何度かくり返して音読すると、だんだん問題の意味するところが見えてきます。また、文章の意味を図や表に書き出してみる、というのも有効です。視覚的に認識することで、問題の意味するポイントがすっきりします。
文章題というのは、立式(文章の意味を式で表すこと)ができれば、あとはただの計算問題です。文章を式に置き換える力については、『国語基礎篇』の「第5章 置換」で扱っているので、そちらも参考にしてみてください。
コーナートップ
よくある質問(FAQ)
 ラインナップ
中学数学基礎篇
方程式と関数
図形
確率・統計と総まとめ
入試実践
中学英語反復基礎
速読長文
短文英単語
中学国語基礎篇
図でわかる中学理科
中学生からの勉強法