トップ各賞紹介
芥川賞最新情報


第153回芥川賞は羽田圭介さんと又吉直樹さんに決定!

(平成27年上半期)
羽田圭介さん
又吉直樹さん

第153回芥川龍之介賞の選考委員会が平成27年7月16日(木)午後5時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から又吉直樹さん「火花」羽田圭介さん「スクラップ・アンド・ビルド」が授賞作に決まりました。

公益財団法人 日本文学振興会

内村薫風
(うちむら くんぷう)
「ΜとΣ」(新潮3月号)
島本理生
(しまもと りお)
「夏の裁断」(文學界6月号)
高橋弘希
(たかはし ひろき)
「朝顔の日」(新潮6月号)
滝口悠生
(たきぐち ゆうしょう)
「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)
羽田圭介<受賞>
(はだ けいすけ)
「スクラップ・アンド・ビルド」(文學界3月号)
又吉直樹<受賞>
(またよし なおき)
「火花」(文學界2月号)
   (作者名50音順)

同日発表 第153回直木賞のページはこちら

候補者紹介(以下の年号表記は西暦を使用)
内村薫風

1969年生まれ。

〈作品〉「パレード」2014年新潮3月号。「2とZ」 14年新潮4月号。

島本理生

1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。10年12月に作家・佐藤友哉と2度目の入籍。11年に第1子を出産。

〈作品〉「ヨル」1998年「鳩よ!」掌編小説コンクール第2期10月号当選、年間MVP受賞。「シルエット」2001年群像6月号=第44回群像新人文学賞優秀作受賞。「リトル・バイ・リトル」02年群像11月号=第128回芥川賞候補、単行本は03年講談社刊=第25回野間文芸新人賞受賞。「生まれる森」03年群像10月号=第130回芥川賞候補。『ナラタージュ』05年角川書店刊=第18回山本周五郎賞候補。「大きな熊が来る前に、おやすみ。」06年新潮1月号=第135回芥川賞候補。「Birthday」06年群像10月号=第33回川端康成賞候補。『アンダスタンド・メイビー』10年中央公論新社刊=第145回直木三十五賞候補。『Red』14年中央公論新社刊=第21回島清恋愛文学賞受賞、他多数。

高橋弘希

1979年青森県十和田市生まれ。文教大学卒業後、大手予備校講師として勤務。また自身が所属するオルタナ系ロックバンドにて、スペースシャワーネットワークよりCDリリース(作詞、作曲担当)。2014年「指の骨」で第46回新潮新人賞受賞。

〈作品〉「指の骨」2014年新潮11月号=第152回芥川賞候補、単行本は15年新潮社刊=第28回三島由紀夫賞候補。

滝口悠生

1982年東京都生まれ。埼玉県育ち。2011年「楽器」で第43回新潮新人賞受賞。

〈作品〉『寝相』2014年新潮社刊=第36回野間文芸新人賞候補。『愛と人生』15年講談社刊=第28回三島由紀夫賞候補。

羽田圭介

1985年東京都生まれ。明治大学商学部卒業。2003年「黒冷水」で第40回文藝賞受賞。

〈作品〉「黒冷水」2003年文藝冬季号、単行本は03年河出書房新社刊。『不思議の国のペニス』06年河出書房新社刊。『「ワタクシハ」』11年講談社刊。『隠し事』12年河出書房新社刊。『メタモルフォシス』14年新潮社刊、他。

又吉直樹

1980年大阪府寝屋川市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中。

〈作品〉『カキフライが無いなら来なかった』2009年幻冬舎刊(自由律俳句集 せきしろとの共著)。『まさかジープで来るとは』10年幻冬舎刊(同 せきしろとの共著)。『第2図書係補佐』11年幻冬舎よしもと文庫刊。「そろそろ帰ろかな」別册文藝春秋12年5月号。「夕暮れに鼻血」別册文藝春秋12年9月号。『鈴虫炒飯』12年幻冬舎刊(創作四字熟語集 田中象雨との共著)。『東京百景』13年ヨシモトブックス刊。『火花』15年文藝春秋刊=第28回三島由紀夫賞候補。『芸人と俳人』15年集英社刊(堀本裕樹との共著)。

各賞紹介
芥川賞受賞者一覧
直木賞受賞者一覧
菊池賞受賞者一覧
大宅賞受賞者一覧
松本賞受賞者一覧