トップ>各賞紹介

各賞紹介

公益財団法人 日本文学振興会が贈呈する各賞の紹介です

芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に昭和10年に制定された。各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。主に無名もしくは新進作家が対象となる。正賞は懐中時計、副賞は100万円。授賞は年2回。上半期(12月1日〜5月31日までに公表されたもの)の選考会は7月中旬、贈呈式は8月中旬。「文藝春秋」9月号に掲載。下半期(6月1日〜11月30日までに公表されたもの)の選考会は翌年1月中旬、贈呈式は同2月中旬。「文藝春秋」3月号に掲載。選考委員は小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・高樹のぶ子・堀江敏幸・宮本輝・村上龍・山田詠美の各氏。

         

直木三十五の名を記念して、芥川賞と同時に昭和10年に制定された。 各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。無名・新進・中堅作家が対象となる。 正賞は懐中時計、副賞は100万円。授賞は年2回。上半期(12月1日〜5月31日までに公表されたもの)の選考会は7月中旬、贈呈式は8月中旬。「オール讀物」9月号に掲載。下半期(6月1日〜11月30日までに公表されたもの)の選考会は翌年1月中旬、贈呈式は同2月中旬。「オール讀物」3月号に掲載。 選考委員は浅田次郎・伊集院静・北方謙三・桐野夏生・高村薫・林真理子・東野圭吾・宮城谷昌光・宮部みゆきの各氏。

         

故菊池寛の日本文化の各方面に遺した功績を記念するための賞。文学、映画・演劇、新聞、放送、出版、その他文化活動一般において、9月1日〜翌年8月末に至る1年間に、最も清新且つ創造的業績をあげた人、あるいは団体に贈られる賞。正賞は置時計、副賞は100万円。 選考顧問会が10月初旬に開かれ、贈呈式は12月初旬に行われる。発表は「文藝春秋」12月号。 選考顧問は東海林さだお・半藤一利・平岩弓枝・養老孟司の各氏。

大宅壮一氏の半世紀にわたるマスコミ活動を記念して制定された賞。ノンフィクション分野における"芥川・直木賞" をめざすもので、新しいノンフィクション作家の登場を促すとともに、すぐれた作品を広く世に紹介することを目的とする。書籍部門と雑誌部門に分かれ、正賞は100万円、副賞は日本航空による国際線往復航空券。 内容はルポルタ−ジュ・内幕もの・旅行記・伝記・戦記・ドキュメンタリ−等のいずれかに包括されるノンフィクション作品全般。1月1日〜12月末までに公表された書籍および3月1日〜2月末日に発行された雑誌(本年度は平成25年1月1日〜平成26年2月末日に発行された雑誌。ウェブマガジンは除く)の署名記事が対象。 両部門とも個人の筆者に贈られる。選考会は4月上旬、贈呈式は6月中旬。受賞作品は「文藝春秋」6月号誌上に発表。選考委員は書籍部門が梯久美子、片山杜秀、佐藤優、雑誌部門が奥野修司、後藤正治、エリック・タルマジの各氏。

推理小説から時代・歴史小説まで幅広いジャンルの小説で時代を画した松本清張氏の業績を記念した、公募の長篇小説賞です。対象は、ジャンルを問わぬ良質の長篇エンターテインメント小説です。既成の枠組みにとらわれない、新鮮で生き生きとした作品を期待しています。

【選考委員】
石田衣良・角田光代・北村薫・桜庭一樹・葉室麟の各氏。
【応募規定】
・募集対象
ジャンルを問わぬ長篇エンターテインメント。日本語で書かれた、自作未発表の作品に限ります。インターネット上で発表した作品や自費出版した作品は応募できません。二重投稿は失格とします。
・枚数規定
400字詰原稿用紙300〜600枚(ワープロの場合は各頁40字30行、A4の紙に縦書きで印字して下さい。これで400字詰原稿用紙3枚とカウントします。原稿は綴じずにダブルクリップで留め、各頁にノンブル〈頁番号〉を必ず入れて下さい)。表紙に、題名、郵便番号、住所、氏名(必ずふりがなを)、年齢、電話番号、職業を明記のこと。あらすじは不要です。なお、筆名の場合は、本名も記して下さい(これらの個人情報は、候補作・受賞作の発表、該当応募者への連絡のために利用し、選考後、直ちに廃棄します)。
・応募資格
プロ、アマその他の資格を問いません。
・応募先
〒102-8008東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋ビル内
公益財団法人日本文学振興会 松本清張賞係
・応募締切
平成26年11月30日(当日消印有効)。正賞は時計、副賞は500万円。
・発表
「オール讀物」平成27年4月号にて中間発表、6月号誌上に決定発表、選考経過、選評を掲載します。受賞作は(株)文藝春秋出版局に委嘱し、単行本として刊行されます。
・その他
応募作品は一切返却いたしません。必ず控えのコピーをおとりください。また、一旦応募した作品の訂正は受け付けません。
文学新人賞を目指すあなたへ 石田衣良×桜庭一樹対談
各賞紹介
芥川賞受賞者一覧
直木賞受賞者一覧
菊池賞受賞者一覧
大宅賞受賞者一覧
松本賞受賞者一覧